お試し・トライアルから始められる50代におすすめの化粧水

ラインで揃えることのメリットは?50代の化粧水の選び方

化粧品をラインで揃えることの最大のメリットはアイテムひとつひとつの効果を最大限に引き出すことができる点です。

ラインだと化粧品同士の相性が良い

50代の化粧水の選び方

50代のスキンケアでは化粧品ひとつひとつの効果をできるだけ引き出すをことを意識したアイテム選びが重要になってきます。

 

乾燥で肌がカサカサになったり、保湿成分の現象で角質層が水分を抱え込む働きが低下したりといった理由でせっかくスキンケアをしても十分な効果が得られにくくなってしまう年代でもあります。

 

そうした問題点をできるだけ克服しながらいかに毎日のスキンケアの効果を高めていくことができるか。これもエイジングケアの重要なポイントです。

 

そこでポイントになるのがライン使いです。同じメーカー、ブランドからシリーズとして発売されている製品は最初からライン使いすることを前提に作られているため相性がよいというメリットを持っています。

 

このアイテム同士の相性もスキンケアを巡る難しい部分です。メーカーやシリーズが違うアイテムを使っているといくにそれぞれが優れた効果を持っていても一緒に使用することでお互いの長所を打ち消しあってしまう恐れもあるからです。

 

たとえば低刺激が魅力の化粧水に添加物が多く使用されている美容液を使うと肌に負担をかけてしまう恐れもありますし、相性のよくない成分の組み合わせで効果が相殺されてしまうこともあります。

 

ライン使いならそうした問題もなくひとつひとつのアイテムのポテンシャルをしっかりと引き出しながら使っていくことができます

ラインだと補う成分が厳選される

50代の化粧水の選び方

過剰なケアを防ぐ点でも50代にとってライン使いは重要なポイントです。

 

別々のメーカーの製品を使うとそれぞれに同じ成分が配合されていることで補う量が多すぎてしまうケースも出てきます。

 

美容成分はたくさん補えばよいわけではなく、多すぎると肌に吸収されきれずにムダになってしまうほか、過剰なケアでかえって肌に負担をかけてしまう恐れも出てきます。

 

50代になると肌に負担をかけないシンプルなケアへの意識も大事になってきますから、ライン全体で補う成分を配慮して配合されている製品を使うライン使いはこの点でもメリットが大きいわけです。

 

そのほかにも見逃せないポイントとしてはまとめで購入できるので手軽なこと、メーカーによってはまとめ買いで割引になることもあります。化粧品は継続して使うことが大前提ですから経済的な負担も無視できません。

 

こうして見てもライン使いは50代のスキンケアにとっていろいろなメリットを備えていることがわかります。とくに化粧水は美容液との相性が重要になってくるだけにライン使いのメリットが大きな意味を持ってくる面もあるので意識しておきたいところです。

50代がライン使いするメリット

50代ライン使いメリット

  • 化粧品同士の相性が良い
  • ひとつひとつのアイテムのポテンシャルをしっかりと引き出すことができる
  • ライン全体で補う成分を配慮して配合されているので過剰なケアを防ぐことができる

 

POLA B.A ローション

圧倒的な保湿力と浸透性を可能にしたポーラの最高峰ブランドB.Aの高級化粧水

POLA B.A ローション

水分不足の肌なので化粧水はパシャパシャ使いたい派でしたが、B.A ローションはとろみがあるので2プッシュで肌全体に広げられました。普通に馴染ませても充分潤うのですが、温かい手でハンドプレスをするというこの一手間でもちもち感がさらにアップします。なので脂性肌よりは断然乾燥肌向けの化粧水だと思います。

7年連続でベストコスメ受賞中のポーラの最高峰高級ブランドB.Aの化粧水。エイジングケアに評価の高いポーラでも最高ブランドなだけに使い心地、効果ともに高評価!ポーラのオリジナル保湿成分配合でふっくらとハリと弾力のある肌、明るく透明感のある肌に仕上げてくれる特徴があります。化粧水だけで高い美容効果を可能にしているので、シンプルケアを目指したい50代に使ってみたい化粧水です。
B.Aベーシックセット10,800円・税込(クレンジング・ウォッシュ・ローション・ミルク・クリーム)
公式HPへB.A トライアル

編集部ゆずの感想

POLA B.A ローションレビュー

手に取ってみるとテクスチャーはややとろみがあり美容液さながら!思いのほか伸びがよく、2プッシュで顔全体にしっかり行き渡りました。

 

とろみがあるので浸透までに時間が掛かるかなと心配しましたが、塗り広げたそばからグングン浸透します。必要以上にハンドプレスをしなくても肌にふっくら感が生まれました。

 

さらに驚いたのはしばらく時間が経ってからの肌の変化で、ツヤ感が増し肌がキュッと引き締まったような感覚・・!ケアした後は、心なしか顔が一回り小さくなった気さえ感じました。

 

高級化粧品のB.Aだけあってお値段も高めですが、この仕上がりならB.A ローションとお手頃なクリームだけで十分そう。『シンプルだけど、中身の濃いケア』をしたい50代にぴったりだと思います。

 

《商品解説》
POLAのB.AローションはB.Aブランドならではのメリットを備えつつ、ライン使いでも単品でもエイジングケアに優れた特徴を備えているアイテムです。

B.A ローションは潤いを重視した内容

POLA B.A ローション

ローションの目的は洗顔の後の敏感になった肌を整えること、そのうえで美容液が肌になじみやすく、美容成分が浸透しやすい環境にすることです。

 

B.Aブランドでは肌の潤いを保つケアを重視した製品開発を行っており、ローションのその一環として保湿ケアや乾燥対策に役立てていくことができます

 

洗顔の問題点は汚れだけでなく保湿成分のセラミドや皮脂膜の維持に必要な皮脂までも一緒に除去してしまい無防備で敏感な状態をもたらしてしまうことです。

 

エイジングケアではとくにこれが厄介なポイントで洗顔料と化粧水でいかにカバーすることができるかが求められます。そこでB.Aでは洗顔料、ローションともに潤いを重視した内容になっています。

 

まず洗顔料では汚れをしっかり落としつつ、角質層の水分量をしっかりと維持する「センサーウォッシュ機能」を搭載しています。まず洗顔の段階で洗いすぎと水分の奪いすぎを防ぐのです。

 

そのうえでこのローションでは美容成分の浸透性を高める「モイストボリューム浸透処方」を採用しています。

 

洗顔の段階で潤いが維持されている肌に対してさらに浸透性を高めることで水分を維持し、その後の美容液や乳液、クリームの効果を高めることができるのです。

 

潤いをキープしつつ肌環境の修復も期待

このスキンケアに相応しい肌環境を整えるというローション本来の役割に加えて美容効果を重視しているのもB.Aブランドならではです。

B.A ローションの主成分『ゴールデンLP』とは?
非常に希少価値の高いシルクを原材料にPOLA独自の製法で美容成分化した成分
 →保湿効果のほか抗酸化作用や肌荒れの改善といった年齢肌が抱えやすい悩みの対策に幅広く役立ってくれる。

 

POLA B.A ローション

さらにレンゲソウを原材料にしたEGクリアエキス、ヨモギを原材料にしたYACエキスなど植物由来のエキスも贅沢に配合しており、潤いをキープしつつ刺激の少ない成分で肌環境の修復や美容効果を目指しています

 

イランイラン、ブラックペッパー、ブラックバニラを使用した心地よい芳香成分がもたらすリラックス効果も見逃せません。

 

このように単品としても魅力ですが、ライン使いすることでさらなる相乗効果が期待できる内容になっているのがB.Aローションの魅力です。

 

まずはライン使いを手軽に試してみることができるトライアルセットからはじめてみてはいかがでしょうか。これまでよりも一歩踏み込んだエイジングケアをはじめようと思っている方にもおすすめです。
公式HPで詳しく見てみる!>>

POLA B.A ローション 54歳 乾燥肌

POLA B.A ローション口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
肌のたるみとそれによる毛穴が目立ってきたことです。ほうれい線から下がブルドックのようにたるんできてしまいました。しかもたるんで重力によって下に垂れ下がったことによって、毛穴の形が丸から「楕円」になってより目立つようになってしまいました。

 

2.その化粧水を選んだ理由
百貨店の化粧品売り場で何かこういう肌悩みにあっている化粧品はないかと探していた時に、POLAのカウンターで非常に豪華できれいな化粧品のパッケージに惹かれました。販売員に勧められてBAローションのサンプルをもらい、それを試して非常にしっとりして使い心地が良かったので、ぜひ使ってみようと思いネットで購入しました。

 

3.テクスチャーと使い心地
香りはちょっと強いので好き嫌いがわかれるかもしれませんが、私は好きな香りです。テクスチャーもトロッとしているのにスッと肌に馴染み、肌に吸い付くように浸透していきました。美容液に近いつけ心地な気がします。これまで色んな化粧水を使ってきて、少量で重ねづけをしなくても足りたのはこのBAローションだけでした。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
少量で保湿されるところは、さすがBA!という感じ。お値段は高いですが、たくさん付けなくても大丈夫なので、コスパは悪くないと思います。そして保湿効果が高くて肌自体がふっくら、確かに「ボリューム」というフレーズが相応しいです。糖化にも効果があるそうでまだ根本的な改善には至っていないと思いますが、肌がみずみずしくなったおかげで透明感が増したように感じました。これなら化粧水と乳液、またはクリームだけで十分かもしれません。

 

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

7種のペプチド配合!肌の再生力を高めしわやハリ不足に働くドクター化粧水

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

刺激も匂いもなく、アルコールのスース―した感じもありませんでした。重めのテクスチャーですぐに浸透はしませんが、逆にこのとろみが摩擦を与えることがないので、肌荒れしているときでも優しく塗付することができます。ただ皮脂が出やすい肌質はベタベタするという意見もあったので、私みたいなアトピー(敏感肌)や乾燥肌の方にぴったりだと思います。

皮膚科医師が開発した低刺激のドクターコスメ「ミューノアージュ」の化粧水。肌の再生に注目を集めているEGFを含む7種類ものペプチドを贅沢に配合し、化粧水とクリームだけのシンプルケアでシワ・たるみが発生しやすい目元・口元にもしっかりとしたハリをもたらしてくれる特徴があります。ドクターコスメだけあって何かと刺激に敏感な50代の肌にも使いやすい化粧水です。
ミューノアージュ10日間お試しセット 1,620円・税込(化粧水・クリーム・薬用美白美容液)
公式HPへミューノアージュ トライアル

編集部アボガドの感想

ミューノアージュ モイスチュアチャージローションレビュー

多少とろみがあり、美容液よりの化粧水といった感じがしました。

 

今まで使っていた化粧水に比べると多少浸透しにくい気もしますが、丁寧にハンドプレスすると内側からとてもしっとり、ふっくらします。

 

いったん肌に馴染むと奥まで浸透して潤い、このあと同じラインのアドバンストリジュビネーションクリームExをつけると翌朝までしっとりしていました。

 

50代が使うエイジング化粧品にしては軽いつけ心地ですが、重ね付けしてもとにかく刺激がない!しかもドクターズコスメなので敏感肌でも安心して使える化粧水だと思います。

 

《商品解説》
ミューノアージュのモイスチュアチャージローションはトライアルセットで手軽にはじめられるうえに敏感肌の方でも使いやすいメリットを備えているローションです。

7種類のペプチドを配合した化粧水

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

通常のトライアルセットでは洗顔料から化粧水、美容液、クリームなどさまざまなアイテムがラインナップされているものです。

 

充実したラインナップでライン使いを試してみることができるのはよいのですが、そのすべてが役立つとは限りません。

 

とくに50代以上のスキンケアではシンプルなケアが求められるため、必ずしもたくさんのアイテムを使うのがよいエイジングケアとは言えない面もあります。

 

いくら手ごろな価格のトライアルセットとはいえ自分にとって必要ないアイテムのためにお金を払うのは避けたいという方も多いはず。

 

その点ミューノアージュのトライアルセットではこのローションとクリームの2点だけのシンプルな内容になっており、肌との相性も確認しながら手軽に試してみることができます。

 

エイジングケアではシンプルケアが話題になっており、「化粧水+乳液orクリーム」だけのケアも注目されています。

 

そんなニーズにピッタリ応えるセットといえるでしょう。またシンプルなケアでもしっかりケアをカバーできるか、ローションの本当の実力を試す機会にもなります。

 

バリア機能が低下した肌にもおすすめ

こうしたシンプルケアを重視しているだけあってこのモイスチュアチャージローションは充実した内容になっています。

 

ミューノアージュといえばペプチド成分が有名ですが、このアイテムにももちろん7種類のペプチド成分が配合されています。

 

厳選された『7種類のペプチド』
ペプチドの種類 働き
ヒトオリゴペプチド-1(EGF)  ターンオーバーの改善をはじめとした皮膚細胞を活性化させる
ヒトオリゴペプチド-13 弾力アップ
ヒトオリゴペプチド-24 ヒアルロン酸に関与
アセチルヘキサペプチド-8(アルジレリン) 目元のエイジングケア
アセチルテトラペプチド-5(アイセリル) アイクリーム成分
オリゴペプチド-6 ハリを与える
ヘキサペプチド-11 紫外線ダメージのケア

 

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション

さらに敏感な状態や肌荒れを感知したうえで美容成分を必要な場所にしっかりと届ける「肌あれ感知マイクロカプセル」の技術も採用されています。

 

ローションは肌が敏感になっている状態を改善しその後の美容液や乳液のケアを無理なく行えるように整えるのが大きな目的。

 

乾燥やバリア機能の低下といった悩みを抱えている方ほどこの技術が効果を発揮し、スキンケア全体をやりやすい環境にすることができるでしょう。

 

このようにローション単品としても優れているうえにスキンケア全体の効果を高める魅力も備えています。シンプルなライン使いで肌をいたわりながら毎日のスキンケアをしていきたい方はまずトライアルセットからこのアイテムのメリットを試してみてはいかがでしょうか。
公式HPで詳しく見てみる!>>

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション 51歳 敏感肌

ミューノアージュ モイスチュアチャージローション口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
口や目元にシワシワとした線が頻繁に刻まれるようになり、お風呂上がりには手で触りたくない程の乾燥に度々悩まされるようになりました。

 

2.その化粧水を選んだ理由
ほうれい線ケアの化粧品ランキングで常に上位に入ってて以前から気になってたのと、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促す上質なペプチドも配合されてたのが選んだポイントです。又、肌が痒くなりやすい香料やエタノールも無添加でしたので、些細なストレスに弱い私には使いやすさも期待できました。

 

3.テクスチャーと使い心地
とろみが強いですが、手でパッティングした所からぐんぐん肌に入っていきます。おかげでベタつきはなく、刺激は一切ありません。ただ沢山付け過ぎると、顔全体がベッタリとしてしまう事もあるので、メイク前は慎重に量をコントロールしながら使う必要があると思います。そして翌朝は保湿されて肌が落ち着いたのか、アゴや小鼻周りの赤みも消えてきて肌の調子が良くなりました。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
とにかく保湿効果が高めなので、乾燥を感じることは減った気がします。コラーゲン不足による深いシワの改善にはもう少し時間がかかるかもしれませんが、乾燥による小じわには即効性も期待できるかもしれません。消えたというより目立ちにくくなったという感じでした。

 

フィルム アスタリフトモイストローション

シリーズ累計190万個!圧倒的な抗酸化力を持つアスタキサンチン配合の化粧水

フィルム アスタリフトモイストローション

ダマスクローズの香りがやや強めで、華やかな香りに癒されます。肌に付けるとややぺっとりした感じがありましたが、ハンドプレスするとすぐに浸透してペタペタ感はなくなりました。程よくツヤがでて肌が柔らかく、もっちりした肌触りになります。夕方になるとファンデーションの毛穴落ちが気になっていたのですが、毛穴自体少し小さくなってきた気がしました。

アスタキサンチンをナノ化することで、従来に比べ9倍の抗酸化力!浸透力・吸収性もアップした高機能化粧水。あらゆる老化の原因となる活性酸素を除去することで有名なアスタキサンチンに加え、浸透性に優れた3種のコラーゲンとヒアルロン酸も配合しているので、衰えてきた肌細胞を活性化しつつ、みずみずしさとピンっと弾くようなハリを与えてくれるのが特徴です。50代になり老化の進行が早まってきたという方にこそ効果が実感しやすい化粧水です。
アスタリフト5日間お試しセット1000円・税抜(導入美容液 0.5g×10包・化粧水 18mL・美容液 5mL・クリーム 5g)
公式HPへ

 

《商品解説》
富士フィルムのアスタリフトモイストローションは肌に潤いをもたらし、ダメージを修復しながらエイジングケアを行っていくことができるアイテムです。富士フィルムといえば優れた抗酸化作用を備えたアスタキサンチンでおなじみですが、このアイテムにももちろん配合されています。

抗酸化力に優れたアスタキサンチン配合

フィルム アスタリフトモイストローション

化粧水(ローション)の本来の目的は洗顔後に敏感になっている肌を整えることにあります。

 

とくに年齢肌になると乾燥だけでなく肌荒れなどのダメージを抱えていることが多く、化粧水でしっかり整えておかないと美容液が肌に刺激をもたらしてしまう恐れがあります。

 

そのためにバリア機能を修復するための保湿成分を配合している化粧水が多いのですが、このアスタリフトモイストローションではさらに一歩踏み込んで肌荒れやダメージを修復するための独自成分を配合しています。

 

その注目の成分はCLリフレッシャーで、複数の成分を組み合わせて開発された複合成分となっています。

 

肌荒れ改善に役立つビタミンAとおなじみのアスタキサンチンをナノ化したうえで配合しているほか、保湿に欠かせないコラーゲンペプチドも組み合わされています。

 

アスタキサンチンの魅力とは?
 →植物由来の天然成分で、コエンザイムQ10の1000倍もの抗酸化力をもつ

 

この化粧水では肌のハリの低下の大きな原因となるコラーゲンのダメージに着目しており、その修復を目指した結果この複合成分にたどり着きました。

 

3種のコラーゲンが潤いとハリを生む

洗顔後にまずこの独自成分が浸透することでダメージを受けた肌が修復され、外気や美容液の刺激にも耐えられる環境へと導いてくれるのです。

 

そしてもちろん保湿成分もしっかり配合されています。3種類のコラーゲンとヒアルロン酸をぜいたくに配合しており、角質層のすみずみにまでしっかりと浸透させることで全体をふっくらと潤いに満ちた環境へと導いてくれます。

 

とくにコラーゲンは3種の異なるタイプを合わせて配合することでより浸透性と持続性の向上を図っています。

 

配合コラーゲンの種類
コラーゲンの種類 働き
水溶性コラーゲン 肌をベールのように覆い潤いをキープする
浸透性コラーゲン 肌へ深く浸透し潤いをプラスする
ピココラーゲン 肌へ深く浸透し肌細胞の潤いをサポートする

 

フィルム アスタリフトモイストローション

また化粧水はスピードも重要です。洗顔後にできるだけ早く使ってなじませることができるか。そしてベタつかずに心地よい状態で次の美容液や乳液を使うことができるか。

 

この点を重視し「モイストアップテクスチャー」の技術を採用しています。肌に塗付した途端によくなじみ、さらさらとした軽いテクスチャをしているので心地よく使うことができます

 

このように洗顔後の肌を速やかに整えつつその後のケアの効果を高める役割を担っているアスタリフトモイストローションはライン使いをすることでそのポテンシャルをさらに高めることができます。

 

まずはお得なトライアルセットからその効果と魅力を試してみてはいかがでしょうか。
公式HPで詳しく見てみる!>>

フィルム アスタリフトモイストローション 56歳 乾燥肌

フィルム アスタリフトモイストローション口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
元々乾燥肌だったのですが夏になった今、クーラーの影響かだんだんと酷くなってきました。さらに夕方にはファンデーションが乾いて口元のほうれい線がくっきり現れるように・・。

 

2.その化粧水を選んだ理由
ずっとオールインワンジェルを使用していましたが保湿力に満足しなくなってきたので、ライン使いに切り替えようとアフタリフトを購入しました。有名なメーカーで本格的なエイジングケアができるのに、お値段はお手頃な方だと思います。

 

3.テクスチャーと使い心地
オレンジ色の液体なので、オレンジ色が肌に染み込んでしまわないか心配でしたが、もちろんそんなことなく(笑)肌に広げた瞬間からグングン肌に入り込んでいきました。この化粧水前に同じラインの導入美容液ジェリーアクアリスタを塗ったので、余計浸透力が上がったんだと思います。仕上がりはしっとりするけどベタつきはない感じで、そこまで乾燥が気にならない季節でも使いやすいです。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
まずファンデーションのノリが良くなりました。肌がしっとり保湿されているのでメイクもピタッと密着し、夕方になってもシワが目立つことはなかったです。ほうれい線はありますが・・。さらに3日くらい使っていると肌に弾力がでてきて、乾燥によるごわつきもなくなってきました。改善してほしい点は特にありませんが、強いて言うなら無香料だと良かったかな・・

 

エファージュ モイストチャージローション

ごわついた50代の肌をふっくら柔肌に!バリア機能の低下も改善する化粧水

エファージュ モイストチャージローション

ふんわり柑橘系の香りがする化粧水です。少しとろみのあるテクスチャーでなので一瞬で浸透するわけではないですが、ハンドプレスするとしっかり浸透してくれました。肌表面ももっちもちになり、美容液やクリームも必要ないのではないかと思うほどです。深いシワには時間がかかりそうですが、乾燥からくる小じわは2週間くらいで目立たなくなりました。

肌が吸いつくようにしっとり潤う!50代のための保湿化粧水。独自の有効成分が角層のすみずみまで浸透し、潤いの膜で包み込みながらごわついた肌も柔らかく、ふっくらしたハリ肌に仕上げてくれる特徴があります。さらに3種類の保湿成分が乱れたバリア機能を修復して、刺激に敏感な状態を改善する効果も期待できると50代を中心に人気があります。
エファージュ7日間お試しセット 1,300 円・税別
(メイク落としクリーム 18g・洗顔料 18g・保湿化粧水 15mL・ハリ美容液 7.2mL・保湿クリーム 4.5g・日中用クリーム 5g・美白美容液 2回分)
公式HPへエファージュ

編集部アボガドの感想

エファージュ モイストチャージローションレビュー

ほのかに柑橘系の香りで、ややとろみのある化粧水。適量を手のひらにとって、少しずつつけて顔全体に馴染ませました。

 

パッティングして最後に頬を手のひらで押さえるとすーと入っていくのが分かります。しばらくすると肌がしっとりモチモチとして手に吸い付く感じ!

 

ゴワゴワと硬くなっていた肌がプルプルになり、この感触がクセになりました♪またこのモイストチャージローションは単品よりもライン使いした方が、より潤いの持続やハリを実感しやすかったです。

 

さらに50代向けの化粧品というとどうしてもエイジングケアの面が強調されて重かったりするのですが、エファージュは全体的に良い意味でサラッとした使用感なのもよかったです。

 

《商品解説》
サントリーウェルネスが展開しているエファージュの化粧水、モイストチャージローションは乾燥やターンオーバーの乱れで硬くなりがちな年齢肌のケアに適した内容を備えているのが特徴です。

肌を柔らかく緩める

エファージュ モイストチャージローション

化粧水の大事な役割は洗顔後に敏感になっている肌を整えること、そして水分や美容成分が浸透しやすい環境にすることです。

 

現在の化粧水では美白効果やエイジングケア効果などさまざまな美容効果を備えたアイテムが増えていますが、この基本的な役割がカバーできていないと美容液で補う美容成分が浸透しない、または美容液が肌に刺激をもたらしてしまうといった問題を引き起こしかねません。

 

とくに年齢肌の場合、ターンオーバーの乱れや乾燥で肌が硬くなってしまい水分と有効成分が角質層の奥にまで浸透しにくい環境になりがちです。

 

この状態を改善しないままいくら美容液で一生懸命美容成分を補っても十分な効果が得られず「ケアをしているつもり」で終わってしまう問題を抱えてしまうリスクも抱えています。

 

そこでエファージュのモイストチャージローションではまずこの硬くなってしまった肌を柔らかく緩めるための効果を採用しています。

 

そのために独自の潤い誘導成分、ポリソルベート80を配合、この成分が角質を緩めることで角質細胞と角質細胞の隙間から水分と美容成分が浸透しやすい状態を作り出すのです。

 

バリア機能が低下した肌を修復

一方、角質を緩めつつ補った水分が蒸発するのを防ぐため保湿効果とバリア機能の改善効果を目指した「潤蜜バリア成分」も配合しています。

 

3種の成分を組み合わせた複合成分『潤蜜バリア成分』
 →トレハロース、メマツヨイグサ種子エキス、グリセリン

 

エファージュ モイストチャージローション

植物が持つ生体防御力を活かすことでバリア機能が低下した肌を修復することができます。

 

つまり洗顔の後で敏感になった肌を修復したうえで有効成分が浸透しやすいよう角質を緩めることで水分と美容成分が浸透しやすい環境へと導き、補った水分と有効成分が失われないよう防ぐ。

 

このダブルの効果でその後の美容液や乳液、クリームが使いやすい環境へと導いてくれるわけです。

 

肌に吸い付くような独特のしっとり感も魅力、しかもベタつかず軽いテクスチャで心地よく塗付していくことができます。

 

現在使っている化粧品はいまひとつ肌になじまない、有効成分がちゃんと浸透しているのか不安といった悩みを抱えている方にとくにオススメです。

 

トライアルセットでライン使いをしてみれば美容液のなじみ具合や洗顔後の修復具合なども確認できるので試してみてはいかがでしょうか。
公式HPで詳しく見てみる!>>

エファージュ モイストチャージローション 58歳 混合肌

エファージュ モイストチャージローション口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
部分的にテカりやベタつきもありますが、乾燥小じわが目の回りにいくつかあり、毛穴もたるんで線状に繋がってほうれい線が目立っています。肌色がくすみも気になります。

 

2.その化粧水を選んだ理由
サントリーが化粧品を出しているのを初めて知りました。口コミを見ていると高評価が多く、特に私と同じ50代以降の方から支持を受けている印象だったので試してみることにしました。

 

3.テクスチャーと使い心地
ほのかに柑橘系の香りがありややとろみのあるテクスチャーでした。1回で一気につけるより2度に分けてつけた方が浸透しやすいと思います。完全に吸収されるというより、肌表面にも潤いの膜が張ったような感覚もありました。なのでべたつきやすい季節は少し重たくなりそうかな・・。ただ使用量を調節すれば問題なさそうなので、私はこのくらい高保湿の方が助かります。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
1日中しっかり保湿されるようになったので、たるんでいた毛穴もキュッと小さくなったような気がします。心なしか肌触りも以前より、ふかふかで気持ちがいいです。ほうれい線の変化はまだ見られませんが、白さというか透明感は増してきました。美白化粧水ではないのでシミには効果がないかもしれませんが、くすみには効果的ですね。

 

資生堂 プリオール マスクイン化粧水

10分間シートマスクをしたような潤い・艶・ハリ・透明感を生む高保湿化粧水

資生堂 プリオール マスクイン化粧水

手でつけるタイプの化粧水で、手のひらに乗せてつけるとすーっと広がります。グングン浸透するタイプではないですが、馴染みは悪くないと思います。使用後はシットリ感が持続し、本当にシートマスクをした後のようなモチモチ感がありました。化粧水と乳液だけで肌に艶もでるので、季節の美容液一品足せば十分かなと思います。

大人ならではの悩みを研究し生まれたブランド「プリオール」の化粧水。保湿注入&密封処方で馴染ませるだけでスーッと浸透し、まるで10分間もじっくりとシートマスクしたかのような潤いとツヤ・ハリ・透明感を得られる特徴があります。また高保湿効果により、乾燥による小じわを目立たなくしてくれます。年齢と共にスキンケアの摩擦が気になるようになった50代、手軽にスペシャルケアを行いたい方におすすめの化粧水です。
資生堂 プリオールしっとり美つや肌体感セット1,080円・税込 ※無くなり次第終了(通販限定)
(メーク落とし洗顔石鹸8g・化粧水30ml・美白乳液(日中用)7ml・乳液18ml・BBジェルクリーム2包)
公式HPへ資生堂 プリオール スキンケア お試しセット

編集部ゆずの感想

資生堂 プリオール マスクイン化粧水レビュー

とろみが強めで、浸透し辛かったり伸びがイマイチそう?と思いましたが、逆にこのとろみのおかげで肌と手の間にワンクッション挟んだように優しく伸ばせました。

 

最初こそ若干ペタペタしていた感じでしたが、丁寧にハンドプレスするとなめらかなモッチリ肌になります。しかも翌朝ももっちりした触り心地が持続!

 

確かに名前の由来である「10分間マスクでお手入れしたような仕上がり」でした。このしっとり感は30代、40代や脂性肌には少し重たく感じるかもしれません。

 

50代以降で保湿してもすぐに乾燥してしまう方や、美容マスクをしたいけど手間に感じている方にぴったりな化粧水だと思います。

 

《商品解説》
資生堂のプリオールから発売されているマスクイン化粧水はその名前の通りマスクをしているようなしっとりとした感触で肌を整え、うるおいをもたらしてくれるメリットを備えているアイテムです。

マスクしたようなしっとりとした感触

資生堂 プリオール マスクイン化粧水

プリオールでは「年齢に相応しいケア」をコンセプトにしており、過剰なケアを避けつつその人の年齢に相応しい美しさや魅力を引き出す製品作りを行っています。

 

エイジングケアの場合、シミやシワといったトラブルをなんとか目立たなくしようと過剰なケアに落ちってしまうことが多いものですが、プリオールではシンプルなケアを重視しつつ年齢肌に相応しい効果を目指しています。

 

この点はこの化粧水だけでなくシリーズのアイテム全般で言えることで、トライアルセットでも洗顔料、化粧水、2種類の乳液とシンプルな内容でまとめられています。

 

刺激に敏感になって思うように化粧品が使えない、現在使っている化粧品が肌に合わなくなってきた、といった悩みを抱えている方にもおすすめできるでしょう。

 

このマスクイン化粧水の特徴はしっとりとした感触で肌を優しく包み込む使い心地を備えている点です。

 

洗顔後に敏感になった肌を整えるのが化粧水のおもな役割ですが、乾燥やバリア機能の低下が進んでいる年齢肌の場合、せっかく化粧水を使ってもすぐに蒸発して失われてしまい突っ張り感やカサつきがなかなか改善されない問題を抱えがちです。

 

3種類の仕上がりから選べる

資生堂 プリオール マスクイン化粧水

これでは美容液を使うと刺激になってしまったり、せっかく美容成分を補ってもすぐに蒸発して失われてしまったりといった問題を抱えてしまいます。

 

そこでこのマスクイン化粧水ではまるでマスクをしているような感触で肌をしっかり包み込み、水分と美容成分を浸透させる処方を導入しているのです。

 

加水分解コラーゲンをはじめとした保湿成分が角質層のすみずみにまで浸透することで傷んだ肌を修復し、スキンケアに耐えられる状態へと導いていきます

 

それでいてベタつきの問題もないので毎日のケアでも心地よく使っていくことができるでしょう。

 

この使い心地を重視して「しっとり」「とてもしっとり」「さらにしっとり」の3種類を用意しているのも特徴です。自分の肌の状態や使い心地の好みに合わせて選ぶことでますます使い心地のよい環境を手に入れやすくなるでしょう。

 

プリオールの洗顔石鹸はメイクも落とすことができます。洗顔の負担が少なくなるだけに化粧水でうまく使うことでエイジングケアがしやすい環境に整えやすいのもこのシリーズの魅力です。

 

それだけに単品ではなくトライアルセットでライン使いから試してみるのがオススメです。
公式HPで詳しく見てみる!>>

資生堂 プリオール マスクイン化粧水 59歳 乾燥肌

資生堂 プリオール マスクイン化粧水口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
とにかく乾燥がひどく、特に頬はガサガサの状態が続いています。笑うと5本6本とシワができて、より老け顔に見られていました。

 

2.その化粧水を選んだ理由
サンプルをいくつかもらい数日試してみるとしっとり感が心地よく、現品を購入しました。

 

3.テクスチャーと使い心地
少しアルコール臭がしますが、香つきなのであまり気になりません。とろみが強いので正直浸透力が良いかと言われると「ん〜」っという感じでしたが、丁寧にハンドプレスすることでしっかり馴染ませられました。冬の季節のせいか、コクはありますが軽い使用感に思いました。でも、塗布後はもったり感もなくしっとりします。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
保湿力が高いのでこの化粧水と乳液だけで十分でした。すごく濃厚なので乾燥肌、特に50代以上におすすめしている理由がわかります。お化粧をしても夕方までしっとりとした肌触りが続きました。ボトルのデザインが多少気にはなりますが、プッシュタイプなので適量がわかりやすく、無駄がなくていいと思います。

 

50代から考えたい美白化粧水の選び方

50代が美白化粧水を使う場合には化粧水だけでなくケア全体のバランスや相性なども考慮したうえで相応しい環境を整えていくことが大事です。30代、40代の美白ケアでは美白成分の効果がもっとも重要なポイントになりますが、50代になったらそれだけでは不十分、より幅広いアプローチでのケアが求められます。

緩やかながら負担の少ない美白成分を!

50代から考えたい美白化粧水選びのポイントのまず第一は肌への刺激です。もともと美白成分は美白効果に優れているほど肌への刺激が強くなる傾向が見られます。

 

とくに洗顔後すぐに使用する化粧するともなると不用意に効果の高い美白成分を補ってしまうと美白効果どころか肌にダメージをもたらしてしまう恐れが出てくるのです。

 

シミ・くすみに効果的な成分
美白成分 メリット デメリット
ハイドロキノン 「お肌の漂白剤」と言われるほど美白効果が高い 刺激が強く肌トラブルを抱えてしまうことも・・
ビタミンC誘導体・プラセンタ 肌に優しく敏感肌でも使いやすい 美白効果を実感するまでに時間がかかる

 

50代美白化粧水の選び方

美白効果は緩やかながら負担の少ない成分の方が適しています。

 

シミやくすみが表面にあらわれてくるとどうしても効果の高い美白成分を求めてしまいがちですが、ここはぐっとこらえて時間をかけてじっくりと取り組める成分を選ぶようにしましょう

 

もうひとつの重要なポイントは美白成分以外でうまく美白ケアを行っていくことができるか、です。これは化粧水選びだけでなくスキンケア環境全体に関わってくるとくに重要な部分です。

 

そもそもどうしてシミやくすみができるのか?30代の頃はもっぱら紫外線のダメージが原因となっていましたが、40代半ばから50代に入ると肌の衰えも大きな問題として浮上してきます。

美白成分だけに頼らない対策

50代美白化粧水の選び方

しっかり紫外線対策を行っていても乾燥でバリア機能が低下しているとちょっとした刺激でもメラニン色素が生成されてシミの原因が作られてしまいかねません。

 

またターンオーバーが乱れるとメラニン色素がなかなか排出されなくなるのでそのまま角質に沈着を起こしてシミになってしまうリスクが増加します。

 

50代になると通常28日周期といわれるターンオーバーが50日以上にまで延びてしまうといわれるだけにその改善が欠かせないのです。

 

ですから美白化粧水を選ぶ場合には美白成分は低刺激なものを選びつつ、保湿効果やターンオーバーの活性化の効果も備えているかどうかが重要なポイントになってきます。

 

とくに保湿効果は角質層を整え、美容液がなじみやすい環境を整える目的も兼ねているので必須といってもよいでしょう。美白成分にとらわれず肌全体の改善を意識しながらケアしていくことができるか。

 

この50代の美白ケアのテーマをクリアするためにも40代までの美白化粧水への意識を切り替える必要が出てくるでしょう。

50代美白化粧水の選び方

  • 美白効果は緩やかながら負担の少ない成分を選ぶこと
  • 保湿効果やターンオーバーの活性化の効果も備えている化粧水を選ぶこと

 

アスタリフトホワイトブライトアップローション

美白しながらエイジングケアも万全!年齢による乾燥からくるくすみに使いたい化粧水

アスタリフトホワイトブライトアップローション

香りは強すぎない、ローズの香りです。オレンジの液色で、使い心地はさらっとしているのにしっかりと潤うので、翌朝は肌のキメが整うのを実感できました。美白タイプにしては刺激もなかったです。出来てるシミが無くなることは今のところありませんが、肌のトーンは上がっている感じがします。ファンデーションの色もワントーン明るいのに変えました。

美白もエイジングも同時にできるアスタリフトの美白化粧水。浸透性を高めた独自開発成分・ナノAMA+が角層を整えてくすみをケアしながら、美白成分が浸透しやすいようにしてくれるのが特徴です。抗酸化成分アスタキサンチンや3種のコラーゲンも入っているので、美白と同時にエイジングケアもできます。乾燥によるくすみだけでなく、それに伴う肌トラブルを同時にケアしたいという50代におすすめの化粧水です。
アスタリフト ホワイト5日間お試しセット1000円・税別
(先行美容液10包・美白化粧水18ml・美白美容液5ml・美白クリーム5g・UV美容液5g)
公式HPへアスタリフトホワイト

編集部アボガドの感想

アスタリフトホワイトブライトアップローションレビュー

美白化粧水って保湿力がなく乾燥しやすいというイメージでしたが、ブライトアップローションはとろみのないさらっとしたテクスチャーなのでグングン浸透。

 

思ったよりしっとりした肌になり、数日使い続けると肌の奥から持ち上がってくるような感じで、頬や目元などがピーンとした張りが出てきました。

 

そして今回アフタリフトホワイトをライン使いしていましたが、トライアル(5日間)ではさすがにシミは薄くなりませんでした。しかしちょっと顔全体が1トーン明るくなった感じはあるので、続けることで美白効果にも期待できそうです。

 

若い方のシミ消しというよりも、乾燥とエイジング、美白を同時にしていきたいという50代にぴったりな化粧水だと思います。

 

《商品解説》
フジフィルムのアスタリフトから発売されているホワイトブライトアップローションは肌環境を修復しつつシミ・くすみにアプローチする美白効果を備えている化粧品です。ダメージを受けやすい年齢肌に配慮しつつ、日々の生活の中で無理なく美白対策を続けていけるようさまざまな工夫が盛り込まれています。

抗酸化作用に優れたアスタキサンチン配合

アスタリフトホワイトブライトアップローション

年齢を重ねた肌はちょっとした刺激に反応してしまうものです。

 

紫外線だけでなく過剰なスキンケアや冬場の乾燥した外気などが原因でメラニン色素が増加しシミ・くすみの原因になってしまうこともあります。

 

美白ケアではこうしたバリア機能の低下の修復も意識しながらシミ・くすみが出来にくい肌作りを目指していく必要があるのです。

 

そこでホワイトブライトアップローションでは肌環境を改善するための美容成分を贅沢に配合しています。

 

アフタリフトシリーズの看板美容成分 『アスタキサンチン』
老化の原因、そしてメラニン色素を増やす原因でもある活性酸素を防ぐ強力な抗酸化作用を備えており、美白対策だけでなくエイジングケア全般に高い効果が期待できる

 

さらに保湿成分として3種類のコラーゲンを配合、角質層のすみずみにまで浸透することで全体に潤いをもたらし角質の乱れを修復しながらバリア機能の改善効果を発揮します。

 

肌トーンをアップして透明感を引き出す

アスタリフトホワイトブライトアップローション

そしてアスタキサンチンと並んでアフタリフトシリーズの看板にもなっている「ナノAMA」とおコメ由来のフェルラ酸も配合。

 

これらの成分はナノ化によって浸透性が大幅にアップされており、くすみを修復しつつ肌の輝きを取り戻す効果を発揮します。

 

ほかにも潤い成分のツボクサエキス、肌荒れを防ぐグリチルリチン酸ジカリウムなども配合されており、トータルでシミ・くすみに強い肌づくりを行っていくことができます。

 

そして美白成分にはアルブチンを採用、肌への刺激を最小限に抑えつつメラニン色素をブロック、他の美容効果との相乗効果も得ながらシミ・くすみを根本から防ぎます。

 

単に美白対策だけでなく肌のトーンを明るくし、透明感を取り戻すエイジングケアのアイテムとしても魅力です。ナノAMAやアスタキサンチン、3種類のコラーゲンは同じアスタリフトシリーズのアイテムにも配合されています。

 

ですから乾燥やバリア機能の低下がとくに気になる方はライン使いすることでさらにシミ・くすみに強い肌づくりを強化すると効果的です。ライン使いを手軽に試してみることができるトライアルセットなども視野に入れたうえで検討してみてはいかがでしょうか。
公式HPで詳しく見てみる!>>

アスタリフトホワイトブライトアップローション 50歳 混合肌

アスタリフトホワイトブライトアップローション口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
年齢によるたるみやくすみが気になってきていました。特にくすみは年齢特有の影ができるというか、茶色っぽくなんだか汚く見えるのが嫌でした。

 

2.その化粧水を選んだ理由
エイジングケアができ、美白効果もある化粧水ということで選びました。アスタリフト ローションも検討対象でしたが、美白有効成分であるアルブチンが入っているアスタリフトホワイト ローションのほうが、顔色の改善に役立ってくれそうに感じました。

 

3.テクスチャーと使い心地
とろみ全くなしの水状のテクスチャーがとてもやわらかくて、分子が細かいというか浸透がすごくしやすかったです。ただ水状のテクスチャーが手のひらから溢れちゃうので、3回に分けて塗付しています。仕上がりはいい意味で美白化粧水という感覚はありませんでした。しっとりするし、ピンっと弾けるような弾力を感じました。乾燥肌の美白対策にはぴったりですね。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
上記にも書いた通りハリは使って数日で実感することができました。くすみは完全に改善されたわけではないですが、ハリがでてきたおかげでツヤっとした透明感は実感できます。ライン使いした方がもう少し早く美白効果が現れるかもしれません。また1つ気になる点なのですが、毎日使うには内容量のわりに価格が高い気が・・もう少しリーズナブルだと嬉しいです。

 

エリクシールホワイトクリアローション

どんより顔をパッと明るく!美白しながらハリと潤いもある若々しい印象に

エリクシールホワイトクリアローション

とろみのある化粧水ですが、すーっと肌に浸透して馴染みがとてもよいです。美白にありがちなつっぱり感もなく、成分に着色料が入っているのが気になりましたが、ヒリヒリと刺激を感じることがなく安心して使うことができました。そして一番良かった点はしっとり潤い、お肌のもっちり感が続いたことです。

最新コラーゲン研究が生かされ続けるエイジングケアブランド「エリクシール」の美白化粧水。通常のコラーゲンに比べ浸透性に優れ、高い保湿力を持つ複合成分が配合されているのが特徴です。さらにメラニンの生成を抑制するだけでなく、滞っているメラニンを排出する作用もある美白有効成分も配合。美白もエイジングケアも諦めたくない50代以降に特に支持を受けています。
資生堂 エリクシール_ホワイトトライアル7日間お試しセット1,188円・税込(化粧水・乳液・美白美容乳液)
公式HPへ資生堂 エリクシール ホワイト トライアルセット

編集部ごーやの感想

エリクシールホワイトクリアローションレビュー

甘すぎない優しいフローラルの香りで、美白化粧水はさらっと系が多い中こちらのクリアローションはとろんとしたテクスチャー。

 

500円玉大くらいをコットンに垂らし内から外、下から上に引き上げるよう馴染ませました。とろみがある分肌あたりが優しく、馴染みもよかったです。

 

最後にパッティングすると手が吸い付くほどのしっとり感ともちもち感!化粧水というより美容液をつけた後のような仕上がりになっていました。

 

さらにこのクリアローションをつけている時点で、頬にうわさの「つや玉」が・・!このままスキンケア完了してもいいかな〜と思ってしまうくらい満足感のあるつけ心地なので、化粧水と乳液だけのシンプルケアができる点も50代に人気の理由だと思います。

 

《商品解説》
エリクシールのホワイトクリアローションは美白とエイジングケアの両方に役立つ化粧水です。年齢肌が抱えやすいシミ・くすみができやすい環境を考慮し、幅広い効果を備えているのも特徴になっています。

シミ・くすみを根本から防ぐ化粧水

エリクシールホワイトクリアローション

40代〜50代にかけて目立ち始めるシミ・くすみの悩みは単に紫外線のダメージだけでなく肌の老化も深くかかわっています。

 

そのため美白ケアでもメラニン色素の生成をブロックするだけでなく肌の老化もケアし、土台からシミ・くすみができにくい環境を整えていくことが求められるのです。

 

このエリクシールホワイトローションでもその基本的な部分を重視されており、美白成分だけでなく年齢肌をケアするさまざまな美容成分がぜいたくに配合されています。

 

エリクシールホワイトクリアローションに配合されている美白成分とは?
資生堂独自の成分『4MSK』
 →メラニン色素を強力にブロックすることでシミ・くすみができるメカニズムを根本から防いでくれる成分

 

この美白成分の効果を取り入れつつ、肌環境を整えるための保湿成分・エイジングケア成分を補える環境が用意されているのです。

 

代表的なところでは保湿成分としてだけでなく肌のバリア機能の修復やハリの改善にも欠かせない水溶性コラーゲン、植物由来のヨモギエキス、トウキエキス、オリーブ葉エキスなど。

 

ハリを改善するエイジングケア効果も!

エリクシールホワイトクリアローション

これらの成分は保湿効果、抗酸化作用のほか刺激に敏感な不安定な状態を整えて肌荒れを防ぐ効果などを備えています。

 

肌が不安定でちょっとした刺激に反応して肌荒れを起こしてしまう環境だといくら美白成分でメラニン色素をブロックしても十分な効果は期待できないため、こうした植物由来のエキスが非常に大きな意味を持ちます。

 

こうした美白効果に加えて肌のハリを改善するエイジングケア効果を備えているのもこのアイテムの魅力です。

 

エリクシールでは頬のハイポジションのツヤを重視したアイテム作りを重視していますが、このホワイトクリアローションでも同様で、肌のつやを引き出すことで全体に輝きと立体感をもたらす効果を備えています。

 

年齢はを重ねるとメラニン色素によるシミとは別に凹凸がもたらす影や血行不良がくすみや黒ずんだ印象をもたらしてしまう問題もあります。このアイテムではそうした悩みのケアもできるのです。

 

この総合的なエイジングケアも含めた美白対策ではライン使いがオススメです。美容液や乳液も含めたツヤ・透明感の対策を取り入れることでシミ知らずの輝きと潤いに満ちた肌作りを目指していくことができるでしょう。

 

そんな魅力をまずトライアルセットで試してみてはいかがでしょうか。
公式HPで詳しく見てみる!>>

エリクシールホワイトクリアローション 54歳 乾燥肌よりの混合肌

エリクシールホワイトクリアローション口コミ

1.その時のアナタの肌の悩み
しっかり紫外線対策していなかったせいかシミが増えたのもありますし、元からあったシミが濃くなりました。

 

2.その化粧水を選んだ理由
エリクシールの美白化粧品は以前、リニューアル前のものを使っていました。その時の使い心地も良く、使っていたときは美白効果もまあまあ実感できたので、シミ・くすみが気になった今もう一度使おうと思って購入しました。

 

3.テクスチャーと使い心地
以前の商品と比べると、化粧水のとろみがやや強くなって黄色っぽくなったように思います。ですが浸透も良く、程よくしっとりした肌触りになりました。使い続けると確かにツヤ玉?っぽく頬に光が見えます。これがあるだけで若々しさはでますね。

 

4.効果と他の商品との違い、改善して欲しい点
使い始めて3週間、肌がワントーンアップし、透明感が出てきました。シミはまだしっかりとありますが、くすみは多少解消されたように感じます。新しいシミも増えていません。しかもこちらの化粧水は詰め替え用があり、それもとてもありがたいです。

 

プチプラが高級化粧水に!?効果的な化粧水の使い方

化粧水は使い方次第で効果に大きな差が出てきます。プチプラ化粧水が高級化粧水なみの効果を発揮することもあれば、高級化粧水なのに大した効果が得られずに終わってしまうことも。とくにエイジングケアではアイテム選びに終始するのではなく使い方もしっかり意識しながらケア環境を整えていきましょう。

顔だけではなく首やデコルテにも惜しみなく

効果的な化粧水の使い方

まず基本中の基本が使うタイミングです。このタイミングを間違えてしまうとどんなに効果が高いアイテムを使っても効果が薄れてしまうので注意しましょう。

 

基本は洗顔後5分以内。肌が乾燥して刺激に敏感になっている状態を整えるのが化粧水のもっとも重要な役割ですから、肌が無防備になっている状態を長く放置しないよう、できるだけ早く使うのが鉄則です。

 

これは必ずしも洗顔直後に限った話ではなく、たとえば冬場乾燥した外気に晒されて乾いたときなどにもいえます。

 

「化粧水は洗顔直後、美容液の前に使う」という基本的なイメージにとらわれるのではなく、ケースバイケースで柔軟な使い方を心がけたいものです。

 

現在では外出中に手軽に使えるミストタイプの化粧水も登場しているので日常のスキンケア用と乾燥対策用を別に用意して使うのもひとつの選択肢です。

 

また顔だけでなく首やデコルテにも使ってみましょう。とくに肌を露出する機会が多くなる夏場は首やデコルテが紫外線のダメージを受けやすくなります。

乾燥が気になるときはたっぷり使うこと

効果的な化粧水の使い方

日焼け止めでの対策はもちろんですが、化粧水も使っておくことでバリア機能と潤いを維持しながら紫外線対策を行うことができるのでおすすめです。

 

そして使う量。化粧水の使い方でもっとも意見が分かれるのがこの部分です。よく「高級化粧水をケチッて使うくらいならプチプラ化粧水を惜しまずにたくさん使ったほうがよい」といわれます。

 

実際のところはどうなのでしょうか?

 

使えば使うほどよいというわけではもちろんありませんが、先ほども触れたように洗顔直後以外でもいろいろなシチュエーションで使うと役立つアイテムですから、できるだけ量を惜しまずに使える環境が望ましいのは間違いないでしょう。

 

また、美白化粧水を除けば使いすぎるとかえって肌に負担をかけてしまうといった問題が少ないのも化粧水の特徴ですから、乾燥が気になる方は少し多めに使ってみるのもよいでしょう。

 

この点こそプチプラが高級化粧水に勝る大きな理由のひとつになるのは確かです。自分の経済力も踏まえながら惜しまずに使える化粧水を選んでみましょう。

 

あとはちょっとしたコツと注意点。水分が圧倒的に多い化粧水ですが、肌に水分が付着している状態で使うとはじかれてしまい十分に浸透しません。

 

洗顔後はしっかり水気を払った後で使いましょう。また使い終わった後は化粧水が十分になじんでから美容液、乳液を使うよう心がけることも重要です。

化粧水使い方の手順

効果的な化粧水の使い方

  1. 洗顔後しっかりと水気を払った肌に化粧水を使い始めること
  2. 基本的に化粧水は洗顔後5分以内につける
  3. できるだけ量を惜しまずに使ってあげること
  4. 顔だけでなく首やデコルテなどできるだけ広範囲に塗付
  5. 化粧水が十分になじんだら美容液、乳液を使うように心がける